成果物1 研究関連(Research)

1 研究関連(Research)

1-1 SciREX・STIGに直接かかわる成果(重点課題、拠点間連携、共進化、コアコンテンツ等)

【共進化実現プログラム(第IIフェーズ)共進化実現ステージ】2021年4月〜2023年3月予定

「ポスト・ウィズコロナ時代の新興国における宇宙技術の開発・利用に関する我が国の大学等による人材育成支援活動のための国内枠組みとその展開可能性の検討に資する調査研究」
研究実施者:Quentin Verspieren(東京大学)、城山英明(東京大学)、中須賀真一(東京大学)、永井雄一郎(日本大学)、研究開発局、宇宙開発利用課
概要:宇宙技術の開発利用のための人材育成支援活動について、日本の大学が果たしている役割に焦点を当てながら、諸外国および他分野の事例との比較分析を行い、国内の大学がこのような活動を継続的に実施していくための関係政府機関との連携のあり方やその展開可能性について検討する。
https://scirex.grips.ac.jp/project/kyoshinkajitsugen21-5.html

【共進化実現プログラム(第IIフェーズ)共進化実現ステージ】2021年4月〜2023年3月予定

「我が国の宇宙デブリ関連技術の海外展開に資する国際ルール形成・標準化のための官民連携に関する研究」
研究実施者:鈴木一人(東京大学)、城山英明(東京大学)、Quentin Verspieren(東京大学)、菊地耕一(東京大学)、研究開発局、宇宙開発利用課
概要:宇宙デブリ除去サービスに関し、我が国が優位性を有し得る技術・サービスを特定し、リスクを識別の上、サービス実現を支える国際規範、ルール及び基準の策定と促進のために、政府が採るべきアプローチを特定する。
https://scirex.grips.ac.jp/project/kyoshinkajitsugen21-4.html

【共進化実現プログラム(第IIフェーズ)共進化実現ステージ】2021年4月〜2023年3月予定

「将来社会」を見据えた研究開発戦略の策定における官・学の共創」
研究実施者:平川秀幸(大阪大学)、木見田康治、技術・学術政策局,企画評価課新興・融合領域研究開発調査戦略室
概要:ミッション指向型の研究開発戦略の策定において、ミッションの社会的妥当性の確保と研究成果の最大化を行うための理論的・方法論的基盤を共創的に研究・開発し、行政の戦略策定実務に実装することを目指す。
https://scirex.grips.ac.jp/project/kyoshinkajitsugen21-6.html

【共進化実現プログラム(第IIフェーズ)共進化準備ステージ】2021年4月〜2022年3月予定

「自然科学と芸術、人文学・社会科学の多様な連携形態の掘り起こしとインセンティブ・アウトカムの可視化」
研究実施者:城山英明(東京大学)、小林俊哉(九州大学)、木見田康治(東京大学)、松尾真紀子(東京大学)、 Quentin Verspieren (東京大学)、塚田有那(一般社団法人Whole Universe、桐山幸司(東京藝術大学)、金間大介(金沢大学)、大臣官房政策課政策推進室
概要:芸術、自然科学、人文学・社会科学の連携の様々事例を収集・分析し、参加者のインセンティブ、アウトカム、枠組みを整理する。その上で、分析に基づく示唆を踏まえ、関係局課を巻き込み、試行的取組案を具体化する。
https://scirex.grips.ac.jp/project/kyoshinkajitsugen21-11.html

【共進化実現プロジェクト:Verspieren Quentin, 城山英明、永井雄一郎「新興国における宇宙技術の開発・利用に関する我が国の大学等による人材育成支援活動のための国内枠組みとその展開可能性の検討に資する実証的研究」2019年4月~2021年3月】

  • Quentin Verspieren, Yuichiro Nagai and Hideaki Shiroyama. “Evaluating Japanese University-Led Space Technology Development and Utilisation Capacity Building Programmes in Emerging Countries”. STIG Space Policy Report no. 1. Tokyo, Japan: Graduate School of Public Policy, The University of Tokyo, March 2021.
  • Quentin Verspieren, Takeshi Matsumoto, Yoshihide Aoyanagi, Takayoshi Fukuyo, Toshihiro Obata, Shinichi Nakasuka, George Kwizera and Joseph Abakunda. “Store and Forward 3U CubeSat Project TRICOM and Its Utilizations for Development and Education: the cases of TRICOM-1R and JPRWASAT,” Transactions of the Japanese Society for Aeronautical and Space Science 63(5), pp. 206-211, 2020.
  • Quentin Verspieren. “Historical Evolution of the Concept of Space Traffic Management since 1932: The Need for a Change of Terminology,” Space Policy, 2021.

【共進化準備ステージ:城山英明、松尾真紀子「大型プロジェクト支援の意思決定プロセスの戦略化方策検討に資する研究」2019年4月~2020年3月】

【共進化準備ステージ:吉岡(小林)徹、柴山創太郎「若手研究者の現状分析及び魅力的なキャリアパス形成支援の検討に資する研究」2019年4月~2020年3月】

【科学技術イノベーション政策の科学「コアコンテンツ」】

【重点課題・拠点間連携:柴山創太郎、吉岡(小林)徹「イノベーション創出に向けた産官学連携:知識マネジメントと制度設計」2016年4月~2018年3月】

  • 網中裕一, 吉岡(小林)徹「日本におけるクラウドファンディングを通じた科学研究支援の動機」『研究 技術 計画』35(1), 77-95, 2020. https://www.jstage.jst.go.jp/article/jsrpim/35/1/35_77/_article/-char/ja
  • Yoshioka-Kobayashi, T., "Institutional factors for academic entrepreneurship in publicly-owned universities: The case of a transition from a conservative anti-industry university collaboration culture to a leading entrepreneurial university," Science, Technology and Society, 24(3), 423-445, 2019. https://journals.sagepub.com/doi/abs/10.1177/0971721819873180?journalCode=stsa
  • 吉岡(小林)徹「大学技術移転サーベイのデータで出来ること」一般社団法人大学技術移転協議会『大学技術移転サーベイ:大学知的財産年報2017年度版』 6-21, 2018.
  • 高橋真木子・吉岡(小林)徹「日本のURAの役割の多様さとその背景,総合的な理解のためのフレームワーク」『研究・技術計画』31巻2号: 223頁-235頁, 2016.https://www.jstage.jst.go.jp/article/jsrpim/31/2/31_223/_article/-char/ja/
  • Yoshioka-Kobayashi, T., Takahashi, M. Examining public perception of the university-industry collaboration research by a split-run test: Pitfalls in academic technology transfer policy. Technology Transfer Society, The 2019 Technology Transfer Society Annual Conference, September 26-28, 2019, Munk School of Global Affairs & Public Policy, University of Toronto, Toronto, Ontario: Canada, 2019.
  • Yoshioka-Kobayashi, T. "Education, Incubation, and Investment: Institutional Factors of Academic Entrepreneurship -- From a Case Study on The University of Tokyo," University-Industry Collaborations and Academic Entrepreneurship: East meets West, 5, Jun. 2017 (Bologna Business School: Bologna, Italy), 2017.

【2016、2017年度:SciREXセンター(GRIPS) Project Manager(PM)補佐:森田先生領域の補佐】

  • 松浦正浩「対話協働手法研究会」の開催:科学技術イノベーション政策の策定における対話協働事例の収集と情報交換のプラットフォーム形成.
  • 松浦正浩「『共創』イノベーションの実践事例の共有ワークショップ(2017/7/7)」の開催:国内事例の共有と日本におけるRRIの展開についてワークショップを実施.