STIGについて

科学技術イノベーション政策における「政策のための科学」教育・研究ユニット(STIG:Science, Technology, and Innovation Governanceプロジェクト)

本プログラムは東京大学の大学院生(修士課程・博士課程)を対象としています。所属研究科は問いません。

STIGとは

 大学院レベルにおける文科系あるいは理科系の専門的教育を基盤として、科学技術イノベーション政策の作成や実施に必要なエビデンス構築手法や各分野における科学技術イノベーション政策プロセスに関する知識を身につけた科学技術ガバナンスの担い手となる人材を育成する、東京大学のプログラムです。

 具体的には、主として政策形成人材(中央省庁や調査研究機関等において広義の科学技術イノベーションに関わる政策形成やそのために必要なエビデンスの構築に携わる人材)、科学技術イノベーション政策研究人材(科学技術イノベーション政策を研究する研究人材)、従として研究開発マネジメント人材(研究開発機関や企業等において広義の科学技術イノベーションの舵取りを行う人材)の育成を目的に、今後教育研究両面で活動をすすめます。