分野別研究科目 選択科目

科目名 33. 事例研究・デジタル時代の行政と社会I
開設研究科:公共政策学教育部
科目番号:5140162
GCL事例研究Ⅰ
開設研究科:情報理工学系研究科
科目番号:4890-2005
担当教員 羅 芝賢
城山 英明
坂井 修一
配当学期/時間 S1S2
/火(Tue)5限[16:50-18:35]
使用言語 日本語
単位数 2単位
教室 国際学術総合研究棟 演習室C
解説 今日の行政に対する改革の圧力は、何を原動力として浮上したのであろうか。「オープンガバメント」や「デザイン思考」といった改革のキーワードの登場は、情報通信技術の発展に伴う行政と社会の変化を象徴する現象として受け止められがちだが、技術の特性だけによって変化が促される場面はごく限られている。技術の中には、本質的に政治的な技術もあれば、明確な政治的目的を持って設計される技術もあり、意図せざる結果としての政治的効果を伴う技術も存在するのである。こうした前提の上で、この授業では、今日さまざまな形で展開している行政改革を、過去の歴史に照らして相対化し、それを引き起こした要因を包括的に理解することを目指す。各回のトピックに合わせて、行政史、技術史、経済史などの知見を幅広く扱う。

close