分野別研究科目 選択科目

科目名 32. レジリエンス工学特論(Advanced Lecture on Resilience Engineering)
開設研究科:工学系研究科
科目番号:3799-136
担当教員 小宮山涼一
配当学期/時間 S1S2
/水(Wed)2限[10:25-12:10]
使用言語 英語
単位数 2単位
教室 工3号館32号講義室 Eng 3-32
解説 レジリエンスの基本概念、レジリエンス工学が提唱されるに至った経緯、レジリエンスを規定するシステムの特性について解説した後、レジリエンスの評価、レジリエンスの実装などについての一般的方法論について講義する。その後、材料・構造、生産、物流、エネルギー、原子力、経済・金融、社会などの具体的システムを対象に、システムのレジリエント化のための既存技術と、研究の現状を紹介する。

Resilience is the intrinsic ability of a system to adjust its functioning prior to, during, or following changes and disturbances, so that it can sustain required operations under both expected and unexpected conditions. Resilience can be an advanced concept of safety based on probabilistic concept of risk and now drawing attention of researchers and practitioners. Resilience engineering is an academic area of study to pursue methodologies how to implement resilience to complex socio-technological systems.
This lecture provides fundamental concepts, frameworks of resilience engineering as well as an up-to-date overview of specific applications.

close