分野別研究科目 選択科目

科目名 27. 事例研究・デジタル時代の行政と社会II(現代行政情報システム特論)
開設研究科:公共政策学教育部
科目番号:5140163
担当教員 奥村裕一
坂井修一
座間敏如
平本健二
配当学期/時間 A1A2
/火(Tue)6限[18:45-20:30]
使用言語 日本語
単位数 2単位
教室 法文1号館 Law 27
解説 事例研究IIでは、デジタル時代を迎えて、これまでにない発想での行政情報システムを考える。行政の仕組で根本的な変化が起きつつある。米国や英国、OECDが取り組んでいるデジタルガバメントである。いわば民間のIoTの政府版ともいえる。
デジタル時代では、情報システムに支えられて情報やデータが自由に大量に様々な組織体の壁を越えて行き来し、目的に照らして処理される。こうして社会の新しい価値が生まれる。行政においても情報システムを業務の多面的なニーズにあわせて活用することによって、組織の壁、行政と社会の壁を越えて、大量に行きかう情報やデータを受信し加工し発信して、より適切に効率的かつ効果的に国民のニーズにあった、時には省庁の壁を越えてcitizen-centricな業務をこなすことができる。
この講義では、実際の行政実務で政府の情報システムの企画や管理に携わっている非常勤講師の内閣官房政府CIO上席補佐官(二人)とともに、デジタルガバメントについて、その重要な課題は何かを実例を多く取り入れながら考察していく。情報システムガバナンス、プロジェクトマネジメント、データ共有、ビッグデータ解析などを取り上げる。

close