分野別研究科目 選択科目

科目名 25. 宇宙開発と公共政策/Space Development and Public Policy
開設研究科:公共政策学教育部
科目番号:5122384
担当教員 内冨素子
城山英明
中須賀真一
配当学期/時間 A1A2
/金(Fri)6限[18:45-20:30]
使用言語 日本語/英語
単位数 2単位
教室 法文1号館 Law 19
解説 *This course is offered in both Japanese and English.

2008年の宇宙基本法により宇宙開発の目的として、従来の科学技術に加えて、安全保障面を含む安全安心な国民生活の向上への貢献、産業振興・国際競争力への貢献、国際協力・外交への貢献等、宇宙開発の新たな目的が明確化された。これを受けて内閣総理大臣の下に関係閣僚で構成する宇宙開発戦略本部が設置され、我が国の宇宙開発利用の総合的な推進を図ることを目的とした宇宙基本計画が策定された。さらに、2012年には内閣府設置法及びJAXA法も改正され、政策目的を達成するための実務体制の整備が進んだ。
宇宙開発は近年、社会のツールとしての意義が強まり、国、関係省庁、公的宇宙機関、海外宇宙機関、産業界、研究者やユーザー等のステークホルダーが複雑に絡む、大規模かつ国際的な側面の強い公共事業となっている。そのガバナンスや、様々な具体的課題に関する法政策は、原子力・電力、海洋、鉄道等の他の科学技術分野の公共事業と類似する部分もあるが、独自の発展を遂げた面もある。
本授業では、宇宙開発のガバナンスと具体的法政策について、国内・海外の動向を踏まえた実践的な考察を行う。そのため、学識研究者に加え、内閣府、JAXA・NASA・CNES・DLR等の宇宙機関関係者、産業界・宇宙企業関係者、シンクタンク等の多彩な講師を迎え、実務への理解を深める。さらに、学生チームを構成し「宇宙ビジネスモデルや宇宙政策の検討と実現に向けた法政策上の課題」をテーマとした分析・提言・討論を行った上で、各学生がビジネスモデルや政策提言を念頭においたレポートを作成することで、実践的なビジネスモデル構築や政策提言のスキルアップにつなげる。

The 2008 Basic Space Law set out new purposes of Japan's space activities and renewed space policy governance structure. Historically, Japanese space policy has been mainly focused on R&D. However, utilization of national space asset for various public policy purposes, including national and international security, space industry is also recognized as an important goal of space policy. The Basic Space Law also established Strategic Headquarters for Space Policy as a top-level space policy decision making body, which is chaired by the Prime Minister.
Nowadays space assets constitute a part of important social infrastructures. Space activities have become one of the major public policies, which involve a variety of stakeholders. Therefore, it is meaningful to compare space policy and its governance with those of other realms of public policy.
This course will offer various and valuable information relating to space policy and its implementation from diversified perspectives: government, space agencies (JAXA, NASA, DLR, CNES), industry, and academics. This course will also provide an opportunity for training in making space policy proposals and business model related to space.
Students will form study groups and will make presentations to discuss challenges of today's Japanese space policy and business model. After the lectures, each student will submit a brief report containing policy and business model recommendations on the future space activities in Japan.

close