展開科目 選択科目

科目名 25. 科学技術と政治・行政
開設研究科:法学政治学研究科
科目番号:25-304-21
事例研究・科学技術と政治・行政 II
開設研究科:公共政策学教育部
科目番号:5140611
担当教員 城山英明
配当学期/時間 S1S2
/月(Mon)5限[16:50-18:35]
使用言語 日本語
単位数 2単位
教室 法文1号館 B2演習室
解説 科学技術の研究開発、科学技術の実社会の各分野での利用に際して必要になるリスク規制やイノベーションの促進は社会の政治組織、行政組織、企業、社会集団、専門家、市民様々な主体の利益や価値に関わり、これらの課題をめぐっては諸主体間での政治が展開される。科学技術に関する判断は、しばしば科学的技術的に規定されていると認識されることも多いが、実際には多くのトレードオフや不確実性等に関する判断が埋め込まれており、一定の裁量が埋め込まれている。科学技術に関わる政治・行政においては、各主体が科学技術に関する能力をどのように確保するのか、各主体が能力確保に投資するインセンティブ構造が確保されているのかというのも、重要な局面となる。また、現代政治・行政の活動は様々な科学技術的条件の上に成立している。
本演習では、まず、このような科学技術と政治・行政における基本的論点について、講義及び文献講読により概観する。具体的には、科学技術自体の性格とダイナミズム、科学技術政策の概念について検討した後、リスク評価・管理や事故調査・インシデント情報共有による学習メカニズム、知識生産や技術の社会導入に関わるイノベーションのメカニズム、科学技術に関する調整メカニズム、国際レベルにおけるリスク規制(安全保障に関するリスクも含む)と国際的な知識生産、技術の社会導入を進めていくための国際協力のメカニズムについて検討する。
その上で、情報技術政策、国際保健・生命技術政策、エネルギー・気候変動政策、宇宙政策について、専門家や実務家のレクチャーを踏まえ、具体的に検討する。最終的に、参加者は関心のあるテーマに関してレポートをまとめることが求められる。

close