基礎科目(b):エビデンス構築手法論 選択必修科目

科目名 11. 政策分析
開設研究科:公共政策学教育部
科目番号:5112040
政策学特殊研究<政策分析>
開設研究科:法学政治学研究科
科目番号:25-304-27
担当教員 田邊國昭
配当学期/時間 S1S2/
月(Mon)2限[10:55-12:10]
使用言語 日本語
単位数 2単位
教室 法学政治学系総合教育棟 S.Law 402
解説 政策分析は、決定者に対してどのような政策的な選択肢が存在するのかを示し、その効果やコスト等に関する情報を明らかにするものである。この授業においては、政府が社会経済に働きかける政策の様々な手段という側面を中心的な視点にして考察してゆく。
まず、最初に現在のガバナンスの変容が政策手段の選択にどのような影響を与えているのか、その大きな動きについて論ずる。さらに、政策の様々な手段を評価し、判断する軸として、どのような観点が重要となるのかを議論する。次に、具体的な政策の事例を挙げながら、(1)規制、補助金、直接供給等といった政府の用いる政策手段の基礎的なレパートリーにどのようなものがあるのか、また、(2)個々の政策手段には、どのようなメリットとディメリットが存在するのか、さらに(3)個々の政策手段が有効に機能する条件はどのようなものであるのか、について考察してゆきたい。この授業を通じて、政策的な課題に対応するための手段的な選択肢についての一定の見取り図を得、具体的な課題にそって具体的な手段を組み合わせ新たに構築してゆくための基礎的な能力を身につけることを目的とする。

close