ニュース
06/23
2017

<申込終了>SciREXサマーキャンプ2017参加者募集 !!


東京大学STIG教育プログラム登録者限定

政策のための科学(SciREX)拠点大学合同教育事業「拠点6大学合同サマーキャンプ」の参加者を募集します。
本サマーキャンプは異なるバックグラウンドを持つ学生が一同に参集し、共通のテーマでの討論、成果の共有、異分野交流などを行う場や機会を提供し、幅広いネットワーク形成に寄与することを目的としています。2017年度は、SciREX総合拠点である政策研究大学院大学(GRIPS)が幹事校となり、「2030年のシナリオ:異分野連携の科学技術イノベーション政策」と題し、下記の通り開催します。


1.概要

2030年のシナリオ:異分野連携の科学技術イノベーション政策

 

2017年度SciREXサマーキャンプは、2030年に向けた将来ビジョンとその達成のためのデザインをどのように描き、そのもとでエビデンスに基づいた具体的政策がいかにつくられていくべきなのか、実践的に学ぶ機会を提供する。

 

東京オリンピックを迎える2020年はターゲット・イヤーであるとともに、一つの通過点である。オリンピック後に残すべきレガシーは何かについて議論が行われ、東京オリンピック(とその後)に向けた戦略のもと、省庁横断的な取り組みがすすめられている。そこで求められているのは、将来のあるべき姿を描き、それに向けた政策をエビデンスに基づき設計し、実践していくことである。

 

サマーキャンプでは、2020年を一つの通過点として意識しながら、2030年の将来ビジョンについて議論することで、複数のシナリオを持ち、長期的かつ大局的視点により政策を考えることの重要性を学ぶ。その上で、イシュー別または手法演習型のグループワークを行なう。グループワークでは、多様なバックグラウンドを持った参加者が協働して政策課題を発見し、エビデンスに基づき具体的かつ新規の政策提言にとりまとめること、さらに、それらを政策担当者・実務家に向けて提案する過程を経験する。

 

日 時: 2017年8月20日(日)-22日(火)

 

本学学生募集人数:10名程度
参加者: 教員・学生(政策研究大学院大学、一橋大学、京都大学、大阪大学、九州大学、東京大学)約90名
費 用: 本学規定による宿泊費を支給
スケジュール:こちらを参照してください

 

2. 応募方法

 

参加を希望する学生は、【延長しました → 7月11日(火)正午】までに、STIG@pp.u-tokyo.ac.jp まで以下の内容をメールで送信してください(メールタイトルの頭に「サマーキャンプ」と書くこと)。STIG担当教員による面接のうえ、参加者を決定します。
・所属研究科・学年:
・氏名:



【主なスケジュール】


2017 年8 月20 日(日)
13:00 開会式・講演
17:00 グループワーク①
18:30 懇親会+ポスターセッション


2017 年8 月21 日(月)
09:00 グループワーク② 視察
14:00 グループワーク③ 中間発表の準備
16:30 中間発表会
20:00 グループワーク④


2017 年8 月22 日(火)
09:00 グループワーク⑤
10:00 最終発表会
13:30 表彰式・閉会式


問い合わせ先
STIG教育プログラム事務局
STIG@pp.u-tokyo.ac.jp