ニュース
12/22
2016

[終了] 第1回科学技術イノベーション政策のための科学オープンフォーラム


第1回科学技術イノベーション政策のための科学オープンフォーラム:「エビデンスから考える未来社会への戦略とシナリオ」
時期・期間: 2017年1月24日(火) -25日(水) (2日間)
場所・会場: イイノホール&カンファレンスセンター(東京都千代田区内幸町2-1-1)
https://www.iino.co.jp/hall/access/
主催: 政策研究大学院大学科学技術イノベーション政策研究センター(SciREXセンター)
オープンフォーラムの詳細および参加登録はこちらから
http://scirex.grips.ac.jp/events/archive/161221_680.html

東京大学STIGでは2日目の午後に、以下の企画セッションを主催します。皆様のご参加をお待ちしております。
【1月25日(水)13:00-15:00 東京大学企画セッション】
「大学における研究リスク・マネジメントと研究促進:課題の全体構造とデータと成果の取扱に焦点を当てて」
会場:イイノホール&カンファレンスセンター 4階RoomB1・2
poster-scirexkikaku

大学が研究活動において直面するリスクは、研究倫理、利益相反、安全保障貿易管理、そして最近の論点である、データの取扱など多岐にわたっています。 個々のリスク・マネジメントには専門的知識が求められるため、各大学は専門人材を配置して対処しつつあるところです。
他方で、研究活動を阻害することがないようなマネジメントのあり方も課題となっています。本セッションでは、主に産学連携活動で生じるリスク要因を俯瞰するとともに、データとその成果の取扱に関する課題を取り上げ、個々のリスクの特性を踏まえた上で、全体最適を目指すマネジメントのあり方と、今、大学が何を行っていくべきかについて討論を行っていきます。

【対象者】 大学の産学連携マネジメント、研究マネジメントの実務家(技術移転担当者、産学連携コーディネーター、利益相反担当者、URA)、および、その研究者、産業界の産学連携研究契約担当者、産学連携に関わる政策立案者
【キーワード】研究リスク・マネジメント、利益相反マネジメント、知的財産マネジメント、個人情報保護、研究広報

詳細および参加登録はこちらから↓
http://scirex.grips.ac.jp/events/archive/161221_680.html

オープンフォーラムの問い合わせ先:scirex2017@tobutoptours.co.jp
東大STIG企画セッションの問い合わせ先:STIG☆pp.u-tokyo.ac.jp(☆→@)