Event
06/10
2016

【開催報告】第46回PoPセミナー:原子力発電所における大規模事故リスクの評価のためのベイズ及び非ベイズ法


日時:2016年6月10日(金)10:00~11:30
会場:東京大学本郷キャンパス経済学研究科学術交流棟(小島ホール)第2セミナー室
講師:Professor François Lévêque(Cerna, Centre d’Economie Industrielle MINES ParisTech)
Prof Leveque
主催:東京大学科学技術イノベーション政策の科学(STIG)教育・研究ユニット
言語:英語(同時通訳はありません)
参加費:無料

【開催報告】
フランスのMines ParisTechのLévêque教授と大学院生Bizet氏を迎えて、原子力発電所における大規模事故の発生確率と経済被害額の推計方法に関する研究成果について講演していただいた。前半は、過去に推計された確率をレビューしたうえで、確率的安全評価(PSA)の結果と観察値をどのように調和させるか、そして、福島第一原子力発電所事故の発生という新しい情報を加味することでその確率評価がどのような修正を迫られるのか、ベイズ法に基づき、検討した。後半は、過去に推計された発電1MWhあたりの外部費用の期待値をレビューしたうえで、原子力発電所事故リスクの持つ不確実性やあいまいさに対する人々の態度を加味する新しい手法を提案した。
DSC02243
DSC02260

References:
Lévêque and Rangel (2014, Safety Science), and on Bizet and Lévêque (2016, Working Paper)

問い合わせ先:
STIG教育プログラム事務局
STIG@pp.u-tokyo.ac.jp